飼い主が知っておくべき法律知識


飼い主が知っておくべき法律

犬の登録と狂犬病予防注射の接種
     
 

犬を飼い始めて(生後90日以内の犬を飼い始めた場合には、生後90日を経過した日)から30日以内に犬の登録をすることは、国の法律「狂犬病予防法」で義務付けられています。犬の登録は一生に1回でOK。管轄の保健所で、申請を行います。

また、毎年4月から6月までの間に狂犬病の予防注射を受けることも、法律で義務化されています。狂犬病は人間にもうつり、発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい感染症です。保健所から毎年届く通知書に、予防接種を受けられる日時と場所が書かれていますが、都合が合わない場合は動物病院で受けましょう。

最近では、子犬の最初の狂犬病の予防注射を接種した際に、登録申請の代行を行ってくれる動物病院も増えてきました。

取得した鑑札と注射済票は、必ず犬に付けなければなりません。

なお、これらの義務を怠ると狂犬病予防法違反となり、20万円以下の罰金に処せられます。

 
     
子犬関連画像


動物の愛護及び管理に関する法律
     
 

国が定める法律には「狂犬病予防法」のほか「動物の愛護及び管理に関する法律」があります。

ここで犬の飼い主の責務とされるポイントをまとめましょう。

1 犬の習性等に応じて適正に飼養し、健康と安全を守るように努めること

2 飼い犬が人の生命・身体・財産などに害を加えたり、迷惑をおよぼすことのないよう努めること

また、以下のことは飼い犬はもちろん、それ以外の愛護動物に関しても禁止されています。


1 愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行うこと

子犬関連画像違反した場合の罰則は、100万円以下の罰金


2 愛護動物をみだりに殺したり傷つけること

子犬関連画像違反した場合の罰則は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金


3 愛護動物を遺棄すること

子犬関連画像違反した場合の罰則は、100万円以下の罰金

 
     
子犬関連画像


都道府県の条例について
     
 

みなさんがお住まいの各都道府県にも、飼い主が守るべき条例が定められています。

東京都(東京都動物の愛護及び管理に関する条例)を例にとり、ポイントをご紹介します。

1 外出時は必ずリードをつけること

子犬関連画像違反した場合の罰則は、拘留(1日以上30日未満の期間身柄を拘束)又は科料(1000円以上1万円未満の罰金)


2 飼い犬を適正にコントロールして人に危害を加えないようにすること。

  万が一人を咬んでしまったら、飼い主は24時間以内に保健所に届け、48時間以内に狂犬病の疑いの有無に関して獣医師に犬を診断してもらわなければなりません。
子犬関連画像 違反した場合の罰則は、保健所への届出なしでは、拘留又は科料。獣医師による検診なしでは、5万円以下の罰金。

 

3 排泄物の処理をすること

  ウンチの後始末をしないで放置することは、東京都の条例のほか、軽犯罪法にも違反するため、拘留や科料に処せられることがあります。


法律や条例で定められているルールを守るのは当然の義務ですが、鳴き声や抜け毛や臭いなどで他人に迷惑をかけないよう、マナー向上にも努めて、人間と犬の心地よい共生社会づくりに貢献しましょう。

 
     
子犬関連画像